共益費とは


共益費とは物件の共用部(エントランスや廊下などお客様が専用で使用する部分以外のエリア)の水道光熱費や小修繕費、清掃費等に充てるための費用です。

共益費の金額はオフィスビルでは月額1万円程度から坪当たり単価4,000円程度(50坪のビルの場合20万円)までとかなり差があります。(逆に共用部という概念のない一括貸しの店舗や倉庫物件などでは共益費の設定がないことも珍しくありません)

この差は共用部の広さやELVなど共用設備の有無によることも理由ですが、それ以外にもそれらのコストを共益費で賄うための収支計算を実際にしているのか、そうではなく単なる第二賃料的に設定をしているかによっても異なります。

実際問題としてはある程度の規模のオフィスビルの共用部維持管理費用をすべて共益費で賄おうとすれば、実は坪単価で3〜4千円程度の共益費設定をしないと赤字となり、一見高いと思う共益費の物件の方がむしろ適正に価格設定をしているともいえます。
逆に共益費の設定が低めの物件は貸主が賃料の中から共用部の維持管理費用を持ち出していると考えてほぼ間違いはありません。

但し、お客様からすると賃料であろうと共益費であろうと支払うお金には違いがありませんので、あくまでも賃料+共益費でランニングコストは計算を致しますし、敷金・礼金・仲介手数料などの経費は月額賃料の○ヶ月という設定をするため、月々のランニングコストが同じであれば共益費の割合が高いほうがトータルのコストは下がるということになります。