賃料交渉

 

募集条件に対して、「もう少し値段下がりませんか?」というのを賃料交渉といいます。
賃料交渉といっても、対象は
月額賃料だけでなく敷金の月数を下げて欲しいということなども対象になります。

賃料交渉をするうえで大切なことは、「この物件を借りたい」という意思を明確にすること。
言い換えれば、「借りるかどうかはわからないけれどいくらになります?」という形ではちょっと弱いということになります。

実務上はお客様のご希望金額があって、それに追いつくようであれば申し込みを入れたいということはよくありますので、そのような場合はその旨を貸主側に伝えて感触を打診することになります。

「お客様のご予算は○○円ぐらいなんですけど、その金額まで下がればぜひ申し込みを入れたいということなのですが・・」
こういう会話を我々不動産会社はよく行います。

もちろんやみくもにいろいろな物件に「いくらになります?」と聞くのはあまり良いことではありません。
あくまでも条件が合えば申し込みたいというニュアンスが貸主にとっては重要ですし、そのご意思が無いのに不動産会社としてもあまり景気の良いことは言えません。

条件交渉がしやすい物件は、長く空いている物件や相場よりも高い金額で募集が出ている物件。
逆に値下げがしづらい物件は、放っておいて労せずお客様がつく人気物件や相場よりも安い物件、それと値下げをしたばかりの物件というのも貸主は値下げを嫌がります。

結局のところ、賃料交渉を受けるか受けないかは貸主の判断で、この値段ではお客様はつかないなと思っても、貸主が別に空けておいても良いんだからという考えであればなかなか値下げは厳しいです。

不動産会社としては「良いお客様ですからなんとか下げてもらえませんか?」と説得にかかりますので、申込書には嘘はいけませんができるだけ良い内容を書いて頂きたいというのが本音です。

基本的な会社概要以外にも、自社製品の優秀性や取引先などアピールできるポイントはたくさんあります。
申込書には会社概要書を合わせて提出いたしますが、そのような資料をご用意されていない場合にはパソコンで簡単でよいので会社概要を作っていただきたいですし、会社謄本なども最新のものをビシッと提出するだけで心象は違います。

賃料交渉をうまく運ぶためにも準備は大切です。