フリーレントとは

賃貸借契約における契約条件の一つにフリーレントというものがあります。
日本語で言うと「賃料免除期間」となり、名前の通り「契約は始まっているけれども賃料の支払いは免除します」という期間のことで、貸主から借主に対するサービスの一つです。

これも一種の値引き条件で、物件の供給が需要を上回っているエリアにおいてなんとか顧客を誘致したいという理由で行われるもので、そもそも需要と供給がバランスしていたり、逆に需要が供給を上回っている場合にはまず行われません。
かつて東京や大阪などの大都市圏でオフィスビルの供給がダブついた時に発生し定着したもので、中には6ヶ月間以上のフリーレントなどの思い切った条件が提示されたと聞いています。

一方、埼玉ではそこまで極端な需給ギャップが生じていないことや、個人オーナーが多く業界のトレンドに疎い部分があること、またそうまでして貸さなくてもよいという感情論などの理由から、そこまでの思い切った条件提示がなされることは滅多にありません。
時々東京などでの経験を元にお客様から大幅なフリーレントを求められることがありますが、地域の事情としてはなかなか厳しいというのが正直なところです。

埼玉でフリーレントといえば、例えば月始めから契約開始となるところを、前月の途中から入居工事を行ったり徐々に荷物や什器を運び込むことを認めてもらったりといった規模の小さいものや、どうしても契約条件の折り合いがつかない場合に最後の折衷案として提示されたりするものが主流です。

またフリーレントの交渉が比較的しやすいのは規模の大きな法人が貸主の物件で、それらは建物全体の収支計算をしていますので、ここまでだったらフリーレントを認めても社内的に承認が得られるといったビジネスライクな交渉ができるという傾向はあります。
ただそのような物件は収支計算をしている分、共益費(共用部にかかる電気代や保守修繕費に充てる費用)が高めに設定されていたり、保証金の月数が多めであったりというお客様から見てマイナスの特徴もありますので、全体として損か得かという判断は欠かせません。

いずれにしても埼玉においては何百坪を超えるような大型物件や例外的なケースを除けばフリーレントは比較的”おまけ”といった意味合いが強い契約条件とお考え頂けるとよいと思います。